エントリー受付開始

3月1日から2019年新卒採用のエントリーが解禁になります。
ネットで検索してみると多くのパチンコ・スロットメーカー、映像制作会社、役物メーカーが新卒採用を行っているようです。
パチンコ・スロットの開発に携わる企業に就職を考えているあなた!
業界研究はお済みでしょうか?
今回はそんなあなたに向けてパチンコ・パチスロ開発業界に身を置く者が感じる業界とその将来性について書いてみようと思います。

業界の安定度

仕事や家事から解放される自由に使える時に、費やされる余暇市場全体においてパチンコ・パチスロ市場は約23兆2300億円を誇っています。これは石油業界、電力業界に匹敵する規模になります。
また日本特有の文化であるこの業界は日本国内だけで循環する産業ですので諸外国の脅威が存在しません。また為替レートによる影響もほとんど受けることはありません。

業界の将来性

近年のエンタテインメントは、ひとつの分野に留まらず様々な分野を縦断しています。漫画・アニメで人気だったエヴァンゲリオンがパチンコ、パチスロになることで更に人気を加速させ、映画化やゲームソフトウェア化などに展開されることで、より多くの人々を楽しませていることは周知のことです。 更に今では、巨大なマーケットを持つパチンコ業界が主導となり、映画、アニメ、漫画制作などを手掛けるようになるまでになりました。まさにパチンコ業界が、エンタテインメント業界そのものを牽引しており、中核を担う存在であるということが言えます。
更には、すでにこれだけ巨大な市場でありながら、まだまだ成長やビジネスチャンスが眠っているパチンコ産業には、大きな可能性があるといえます。

業界の新しい流れ

2016年12月に、カジノ法案(IR推進法)が成立しました。この法律はあくまでもプログラム法(政策を実現させるための手順、日程などを規定した法律)であり、「カジノ法案成立=カジノ合法化」というわけではありませんが、この先日本の経済活性化、新たな観光客の確保を目的として、カジノ法案が可決された場合、パチンコ・スロット業界にも何かしらの影響が起きることは確かです。今後の法案の動向によって、カジノ経営にも進出する可能性は十分にあるのです。現にセガサミーは海外向けのスロットマシーンを開発するとともに、すでに韓国でのカジノ施設の開発に携わっています。また、ユニバーサルエンターテインメントもフィリピンでカジノ開発を行っています。さらに、コナミは全世界ですでに400以上のゲーミングライセンスを取得しており、カジノ市場と親和性が高い企業だと考えられています。まさにカジノを介してパチンコ・スロットメーカーもグローバルに展開していく事が可能になるかもしれません。


パチンコ・スロットの開発がしてみたいという、みなさん。
これからのパチンコ・スロット業界は若いあなたたちが牽引していくのです。
情熱のあるパチンコ・スロットが大好きなあなたを業界企業はお待ちしております。


G&Eではあなたの業界就職へのお手伝いをさせていただきたいと考えております。
学校で目指す職業に必要な知識・技術を学びつつ、仕事で通用する考え方や取り組み方を身に着けていきます。G&Eは、これらを習得するためにパチンコやパチスロが大好きであることが、とても重要な素質であると考えています。
遊技機の新規則の公布が済み、2018年2月からは新たな規則を基準に遊技機の型式試験が行われることが決定しています。新規則対応機種でヒット機種を生み出すことができるパチンコ・パチスロに対して情熱を注げる方のご入学を、心よりお待ちしています。

パチンコ・パチスロ業界への就職を目指すための唯一の学校
G&Eビジネススクール