「仕様」タグの記事一覧

懐かしのぱちんこ機昔話2

パチンコ開発

2001年に登場した画期的な台の話をします。 その機種の名は「CR必殺仕事人(京楽産業.)」です。 何が画期的だったかというと、その機種には震える「バイブハンドル」(名称は「P-vib」)が搭載されていた点。 それまで、・・・

パチスロの抽せんの仕組み

パチスロ開発

皆さま、こんにちわ。 本日は、パチスロの抽せんの仕組みについて語りたいと思います。 パチスロは、(おそらく)パチンコよりも複雑な抽せんを行っています。 例えば、チャンスゾーンであったり、モードの移行であったり、前兆であっ・・・

転落抽せんタイプについて

パチンコ開発

パチンコ機の転落抽せんタイプの話をします。 『転落抽せんタイプ』とは、確率変動に突入した際、毎変動ごとに「確変が転落するかどうか」、言い換えれば「確変が継続するかどうか」を抽せんする機能を搭載した機種になります。 ゲーム・・・

パチスロのボーナス

パチスロ開発

皆さまこんにちは。 1年ほど前のパチスロ市場は、ボーナスが搭載されていないART機であったり、 ボーナスが入賞しない純増3.0枚クラスのAT機が流行っていました。 しかし、近年になって規制が加わり、A+ART機(ボーナス・・・

新内規の一般電役機の可能性について

パチンコ開発

みなさんは「一般電役機」というものをご存じでしょうか? 今市場にある機種とはタイプがだいぶ異なりますので説明します。 液晶やドラムを使っている機種ではヘソ入賞口に玉が入ると図柄が変動を開始して大当りフラグを引いていれば大・・・

1種・2種タイプについて語る

パチンコ開発

今回はパチンコの1種・2種タイプについて話をしたいと思います。 1種・2種タイプとは「図柄が揃って大当り」になるゲーム性と「Vポケットに入賞して大当り」になる2つのゲーム性を持つ機種を言います。 つまり、セブン機のゲーム・・・

ページの先頭へ