いよいよ2月1日よりパチスロ6号機の持ち込み(申請)が始まります。
みなさん、お元気ですか?
寒い日が続いておりますのでお体に気を付けて、インフルエンザに罹らないよう免疫力を高めましょう。

では、早速本題に入ります。
パチンコにしろパチスロにしろ新しい規則自体は年内には定まっていました。
ただ、これだけでは抜け駆けして射幸性の高い遊技機が作れてしまうためメーカー同士で自主的に射幸性を抑えたルールを
決めています。
これを『内規』と言います。
ぱちんこ遊技機については、日工組でルールを決めて運用することを発表していました。
パチスロ(回胴式遊技機)についてもようやく話がまとまりつつあるようです。
どうやらAT機に関しては5.9号機よりも面白いゲーム性が作れそうです♡
出玉性能は5.9号機にかなわないかもしれませんが、よく分からないゲーム性を下げている縛りが無くなりそうな
雰囲気がしています。

例えば、以下のような内容。

・有利区間に設定差を設けてはいけない
・すべての有利区間中はランプ等で遊技者に報知しないといけない

上記内容はゲームを作る上でかなり足かせとなっていました。
これが無くなるだけでもかなり面白いものが作れると思います。
それ以外にもARTを作る際に厳しくされていた項目がありました。
例えば「傾斜値」や「内部中のハズレ確率」など。
こういった内容も変わりそうです♡

正式に発表になったら、またお伝えしたいと思います。
それでは、第2弾を楽しみにしておいてください。

<パチンコ・パチスロ業界への就職・転職>
G&Eビジネススクール PSプランニングコース・PS総合開発コース 等