みなさん、こんにちは。
今回はパチスロのリプレイ確率についてお話しします。
現在のパチスロのリプレイ確率は1/7.3以上というのは聞いたことがあるとは思いますが、
この数字はどこから来ているのかご存じですか?

それを語る前に、まず、ぱちんこ遊技機の規則についてお話します。

別表第4 ぱちんこ遊技機に係る技術上の規格
(1)イ(ロ)1分間に100個を超える遊技球を発射することができるものでないこと。

パチンコは「貸玉料金が1玉最大4円であること」と「1分間に100発まで」とあることから、
1分間に消費できる金額の最大が4円×100個=400円と決められています。

ですが、パチスロの場合は遊技者がプレイするスピードにより単位時間あたりの消費金額が
異なります。
パチスロでも1分間あたり400円にするにはどうすれば良いかと考えたときに次の2つことを決めました。

①1ゲームあたりの最小遊技時間
②おまけゲームの搭載

①では4.1秒と決めました。
②で「再遊技」いわゆる”リプレイ”という概念を搭載して消費金額を抑えることにしました。

計算方法は下記の通りです。

1分(60秒)/4.1秒=14.6ゲーム

ここで『14.6ゲームのうち2ゲームはおまけのゲームにしたい』と考え、

14.6ゲーム/2ゲーム=7.3ゲーム

つまり”7.3回に1回”はお金を使わず遊技できるようにした訳です。

しかし、このままではまだ14.6ゲームから2ゲームを引いた12.6ゲームに3枚投入で1メダル20円を掛けると、
12.6ゲーム×3枚×20円=756円 消費することになるため、
ベースを47%以上にし、

756円×(100%-47%)≒400円

としました。これでパチンコと同じように「1分間に400円までしか使えない」ということにした訳です。

射幸性を抑えるためにいろいろ苦労していることが分かってもらえれば幸いです。
それでは、またお会いしましょう!

<パチンコ・パチスロの新規則が学べる学校>
G&Eビジネススクール PSプランニングコース・PS総合開発コース 等